うつ病と似た病気とは│適応障害はどのような病気

女性

発症しやすいタイプ

医者と看護師

適応障害という病気は、なりやすい性格やタイプがあります。仕事に対して真面目で几帳面な人は、この病気になりにくいイメージがありますが責任感が強い場合は違います。真面目過ぎて全て自分で仕事をするようになってしまい、それでどんどん仕事が溜まっていくにつれて、疲労やストレスが溜まってしまうのです。責任感が強い人で周りから頼られると断れないタイプの人も危険です。断れないため、仕事がどんどん溜まっていくことによるストレスと、それを何とかしないという焦りと不安によって追いつめられてしまいます。他には周りの意見を気にするタイプや、ちょっとしたミスを引きずるようなタイプも危ないです。周りを気にしすぎると、相手を不快にさせないようにと異常に気をつかってしまい、自分の意見をいわずにそのまま黙っていることが多いでしょう。このようにどんどんストレスを溜め込むタイプの人は、周りから気づかれることがないので更に悪化するかもしれません。また、ミスを起こさないようにして焦ってしまい、プレッシャーを感じるようになってしまいミスを起こしてしまうのです。それが何回も続く悪循環になってしまうことで、適応障害になってしまうのでしょう。このようなタイプの人は、ほとんどが生真面目すぎるということです。生真面目なのはいいことですが、いろいろなことを考えるようになるとどんどん自分を追い詰めてしまいます。このようなタイプの人は、うつ病などの精神疾患になりやすいので要注意です。それを避けるために、適度に息抜きや趣味に没頭すれば少しはストレスを解消することができるでしょう。それ以外には、自分の悩みを誰かに相談することで解決することができます。愚痴をいうだけでもストレスは軽くなりますし、悩みを解決することができなくても自分の抱えている悩みを知ってもらうだけでも、十分効果があります。相談する相手は家族や友人などの親しい相手にするのが一番ですが、そのような相手に心配をかけたくないという人は、カウンセラーに相談しましょう。カウンセラーならば今までに多くの人の相談に乗っているので、様々な悩みを解決することができるでしょう。適応障害になりやすい人は、このようなことをしてできるだけストレスを溜めないようにすれば、発症することを防ぐことができるでしょう。