うつ病と似た病気とは│適応障害はどのような病気

女性

他の病気の前兆

悩む女性

うつ病と適応障害は違う病気ですが、適応障害だからうつ病とは関係ないと考えている人が多いです。適応障害はうつ病と共通している症状がいくつかあるので、精神科で適応障害と診断されてもそこからうつ病になることがあります。自分が適応障害ということにショックを受けて、それが強いストレスとなってしまいそれが原因で抑うつ状態が続いてしまいます。抑うつ状態が続くようになると、うつ病へ移行したと診断されるでしょう。うつ病だけではなく、拒食症や過食症などの摂食障害になる可能性があります。それだけではなく、眠りたいのに眠れなくなったり、十分な睡眠をとったのにもかかわらず眠くなったりする睡眠障害を引き起こすでしょう。適応障害からこのような様々な病気になることがあるということで、適応障害は他の病気の前兆といわれています。このような病気を併発してしまうと、治療は難しくなるので注意しましょう。適応障害では精神的な面や行動的な面に症状が起きますが、その二つだけでなく身体にも様々な症状が起きるのです。常に疲労感や倦怠感を感じるようになったり、頭痛や肩こりが継続したりしてしまうという症状があります。身体に起こるこのような症状は、仕事の疲れと勘違いすることが多く見逃してしまうことが多いです。仕事を休んでもこのような症状が続く場合は、適応障害の可能性があるので早めに検査を受けるようにしてください。他には胃が痛みだして、動悸が激しくなるのも症状に含まれますが、胃の痛みは食生活で痛くなることもありますのでこれも気づきにくいでしょう。適応障害は自覚しづらい病気ということで、気づいた時には重度の適応障害か、他にもいくつかの病気を併発しているかもしれません。そのようなことにならないようにするためには、すぐに精神科で診察を受けることが大切です。勘違いかもしれない考えている人や、精神科にいくのに抵抗があるという人が多いですが、それでは早めに治療をすることができません。勘違いだったとしても、適応障害ではないと診断されれば不安は解消されますし、今後どのようなことに気をつければいいのかアドバイスしてもらえるでしょう。ですから、まずは精神科にいくようにすることが、早めに治療するための第一歩です。